夫婦は元々は赤の他人

夫婦は実は家族でありますが、赤の他人同士なのです。 夫と妻に当たり前ですが血のつながりはもちろんありません。 家族を見てみると子供や親はこれもまた当たり前ですが血のつながりがあります。 そうなのです、夫婦という家族は血のつながりがない赤の他人同士なのです。 そのため離婚となってしまうともう何の関係もなくなり、また赤の他人に戻ってしまうのです。

それでは赤の他人である夫婦が一生涯仲睦まじく連れ添っていくためには、どのような事に気をつければよいのでしょう。 もちろん結婚してから一生涯仲良く連れ添って行けることが理想ではありますが、みんながみんなそのようになれるとは残念ながら限りません。 中には離婚という選択肢を選ぶ方もいらっしゃいます。 勿論離婚することが悪い事ではありませんが、せっかく結婚したもともとは赤の他人だった人と巡り合い家族を作ったのですから、できれば壊したくないですね。 また子供がいればなおさら離婚は避けられるものであればそうしたいですね。

それでは夫婦が仲睦まじく一生涯幸せに暮らしていける、いわゆるおしどり夫婦になるためのポイントを挙げてみましょう。 まずは夫婦は赤の他人だという事を理解することです。 これはお互い生まれてからおそらく20年以上はまったく環境の違うところで育ってきました。 育った地域や家庭環境など生まれたときは全く関係のない家で育っているのですから当たり前です。 育った環境が違えばやはり常識や考え方も違います。 そんな二人が一つ屋根の下で暮らすわけですからある程度のギャップは仕方がない事と考えておくとよいでしょう。

次に男と女の考え方の差です。 同性であれば理解が付くものも男性女性だとなかなか理解しにくいこともございます。 例を挙げてみると、奥様同士が「うちの旦那は○○で」と話すとたいていそこにいる女性は「うちもうちも、もう困っているわ。」と同意することが多いです。 男性も同じです。 男性同士女性同士では同意出来る事って結構多いのです。 男性脳・女性脳の違いがあるという事も考えておくとよいでしょう。

また夫婦喧嘩は気のすむまでどうぞ。 夫婦喧嘩は犬も食わないと言いますが全くその通りです。 お互いが言いたいことを言わずにため込んでしまうといつか爆発しかねません。 喧嘩するほど仲が良い程度には喧嘩は必要です。

最後に、やはり夫婦はあかの他人同士です。 他人同士が家族・夫婦になるのですからお互いを思いやる気持ちをいつまでも忘れないようにすることが末永く夫婦でいるためのポイントですね。