夫婦の相性は

夫婦で性格が合わない? 私たち夫婦全く相性が悪いのよ・・・なんてことを言っているご夫婦は実は結構いらっしゃいます。 元々夫婦は赤の他人です。 家族でありながらも夫婦は当たり前ですが血のつながりはありません。 でも夫婦になる前(結婚する前)はきっと仲の良いカップルであったはずです。

相性が良くこの人となら結婚をしても良いと思い結婚したわけですから、全く相性が合わないという事はないはずですね。 しかし性格が合わないという事になると、赤の他人ですしまた結婚する前と違い毎日一緒に暮らしております。 24時間一緒とは言いませんが一番気の休まる家庭でともに生活をしていくこととなります。 そうしていくうちに、なんだか性格が合わないような…となってしまうのかもしれません。 そうならないためにはいくつか頭の中にポイントを押さえておくとよいでしょう。

一番前提としたいこと、それは男女の違いです。 夫婦であるという事は夫→男性、妻→女性という事になります。 よく男性脳と女性脳と言われますが、男性と女性とでは脳の使われ方や考え、感受性などが違います。 男性女性と分けましたが勿論男性の中にも十人十色であるのですが、男性と女性という区切りをつけて考えますとやはり性別により考え方が違います。 女性には重要と思われることも男性には気が付かないくらいどうでもよい事である場合もしばしばあります。

このようなことを考えても性格が合わないというよりはどんなカップル(夫婦)でも、こんなことで考えていることが合わないことはあります。 結婚する前はお互いが合わせようと気を使いあっているので、男性側もそんなことどうでもよいと思っても相手を気遣い合わせていたりするのですね。 夫婦になり慣れてしまうと、その気遣いが半分になりさらに少なくなりという形でだんだんと減ってきます。 そうするとなんだか性格の不一致と思ってしまうのです。

性格が合わないと思ってしまったら、一度男性と女性の差を頭に入れてみましょう。 そうするとイラッと来ていたことも、男性だからかとか女性だからかというように少し気が楽になります。 また夫婦げんかになる原因として子育てというものもあります。 子供の育て方について意見が食い違ったり、家事の分担などもそうですね。 これもお互いの良いところを尊重し合って行けるようになれば喧嘩も緩和されますね。 夫婦で性格が合わないのではなく、ちょっとした考え方の違いかなと思うようにしてみるのが末永く幸せに暮らすことが出来るちょっとしたコツです。